美冷宮

ピクシブ、カクヨム、小説家になろうで活動している物書きの端くれのブログ

セルフ二次創作

「......なんだよ」

 

 満面の笑みを浮かべながら目の前に立つ男に、葛狗は聞いた。

 

「別に、ただ、Twitterで面白そうなハッシュタグ見つけたからさあ」

 

 そういって、男は身にまとっている和服の懐からスマートフォンを取り出し、画面を葛狗に向ける。そこには

「#TLが静かなのでにゃあと言ってみるちなみに見た人は絶対やる

 と表示されていた。

 

「......で?」

 

 葛狗は嫌な展開を予想しながら聞き返す。目の前に居る男は、ことあるごとに葛狗へおかしな行動をさせようとしてくるのだ。

 

「『見た人は絶対やる』って書いてあるでしょ? だから葛狗もにゃあって言わなきゃいけないの」

 

「断る」

 

 即答だ。

 しかし男は全くひるまない。

 

「駄目だよ。だってこのタグ見ちゃったんだもん」

 

「お前が見せたんだろう。というか、それならばお前が先にやるべきだろ」

 

「心配ご無用!」

 

 男は、暗がりから光の当たる場所に出てくる。

 すると、男の頭上にある猫耳と、臀部にある尻尾が露わになった。

 

「この変幻自在の鴉型触手生物様にかかれば、にゃあと鳴く和風猫耳ショタに変化するのなんて簡単なんだにゃあ」

 

 その身長は、葛狗より少し大きい程度に縮んでいる。

 

「こうしてみると、なんだかお前の兄貴になった気分だにゃあ」

 

 などと言いながら、男は葛狗の頭をなで始める。

 そんな事をされて完全にキレた表情の葛狗だが、何故か男を睨むだけだ。

 

「何をした」

 

 その発言から、どうやら体が動かせないらしい。

 

「ふふふ、鴉型触手生物に不可能はにゃいのにゃ」

 

 不適に笑いながら、男は葛狗の頭に当てていた手を放す。

 

 すると、ぴょこん、という効果音が似合う感じで、葛狗の頭に猫耳が立ち上がった。

 手で触ってそれを確かめると、葛狗は男を睨みつける。

 

「にゃあって言ってくれれば元に戻してあげるよ」

 

 飄々と言う男に、軽く舌打ちする葛狗。

 

「それと、無理やり言わせた感満載で言われるのもなんかいやだから......」

 

 男は懐の中から菓子の箱と、その中身を取り出した。

 

「馬林堂の店主に特別に作ってもらった超高級豆大福、これをご褒美にあげるよ」

 

 その瞬間、今まで拒否一色だった葛狗の表情が揺らいだ。猫耳もピクピクと動いている。

 

 葛藤は、二人の間に長い長い沈黙をもたらした。

 

 そして、葛狗は口を開く。

 

「にゃ......にゃあ」

 

 その声は、拗ねているような、それでいてまだ抵抗感のあるような、そんな感じで、とても小さい声だった。

 

「よくできましたー」

 

 そう言って、男は葛狗に豆大福を渡す。

 葛狗は、それを両手で受け取ると、無言で食べ始めた。顔はとても不機嫌だ。

 それを見て、男は葛狗の頭を一撫でする。

 

 猫耳は、まるで手品のように消えていた。

 

――

 

あとがき

 

 ネタならばこんなに早く筆が進むのか!

 ...というわけで、はい。一時間ちょっとで書き上げてしまいました。我ながら純度100パーセントのネタ短編であります。

 葛狗は、自作に登場するキャラですが、本編ではできない弄りをこうして二次創作的な感じでやってみたのであります。

(因みに、鴉型触手生物というのは私がTwitter上でつけてるキャラで、この短編は、あるお二人に捧げるつもりで書いてたりします)

 

 お目汚し失礼しました。

 ではでは~

雑談

 どうしてGWの記事が一番上に表示されてるんだよ!こののろまちん!

 そしてなんでこんなに投稿ペースが遅いんだよ!こののろまちん!

 

 と、自分を痛めつけたところで、お久しぶりです。

 まず更新告知から

現代妖草紙十話・あしひきの八峯の椿つらつらに

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8716687

 連載開始から半年でやっと十話!遅い!

 まあ、ミステリーなのに後先考えないで書いて、何度も書き直しをしてたからなんですが......ってこれ言い訳ですな

 ともかく、やっと第一章の終わりが見えてきました。次の話が公開されるのに一か月も待たせてしまっているのは本当に申し訳ないとしか......

 

 そして現在の進捗

 第二章本文、及び第三章プロットにとりかかりましたっ!

 ええ、一章でこんなに時間をかけてしまった反省を生かしてプロットを書くことにしました(普通ミステリー書こうと思い立った時点でそうするでしょ......)

 なので、これから先はきっと更新速度がマシになると思われます!

 

 さて、リアルでの近況報告ですが......

 

 特にこれといってないかなあ......

 

 というわけで、今回はドロンっ

 

(あ、自分が読んだ小説とか、ここで紹介する企画とかやってみたいんですが、誰か何かアドバイスくれませんかねえ......)

雑談

お久しぶりです。

まずは最新話投稿報告から

 

現代妖草紙~血の繋がった妹に血が通ってない件~ 六話 月下の烏鷺

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8422178

 

いやー、この作品を考えるにあたり、「この場面は絶対に入れたい!」というシーンがいくつもあるのですが、物語始まって一番最初に登場するその場面が、この回に載っています。どのシーンかは読んでみたらすぐにわかるかと。

やはり物書きの楽しさの一つに、書きたいシーンを書くことができたというものがあるんでね、もう超絶楽しかったですよ。

 

そして、この「月下の烏鷺」という副題も、物語中盤以降に回収される超ロングパス伏線になっているので、この副題の意味が知りたい方、是非是非これから先もおつきあいいただければと...

 

またこの回の中には、葵の家の居候ファミリー、具体的に言うと綾乃、五徳、すり鉢と、葵の掛け合いシーンもあるんですが、ここもなにげに書いてて楽しかったです。

自分、ど派手なアクションやかっこいいミステリーは大好きなのですが、それと同じくらい、「日常」を感じられる小話も好きなんです。

話の前半部分ががっつりミステリーパートで、ラストはロングパス伏線、その間の休憩みたいな感じを意識して書きました。

 

ずいぶん長い間更新がなかったのですが、この期間中に「盛り上がり・魅せ・引き」が足りないとご指摘を受けました。この回でも、引きはかなり意識して作ってみたのですが、いかがですかね...?

 

そして話題二つ目、現在の書き溜分の進捗

 

こーれーも、かなりいい所を書けています。

どこかというと、最新話で進んでい事件の解決編です。

まあこれは、物書きの人なら想像つく人も多いのではと思うのですが、解決編はミステリーにおいて一番の見せ場、一番書きごたえがある場面です。

......あまり語るとネタバレしそうなので、今日のところはこれで失礼

雑談

どうも、底辺物書きです。

 

現代妖草紙の進捗について

さんざん話題がないとか言っときながら、これを全然やってなかったのは何故なのか......

現在、第八話までを書き終えています(というかさっき書き終えました)。

 

で、今は『人消失怪異と男性刺殺事件』編、正式には......どうしよ、「鏡花水月編」?「花鳥風月編」?あ、全てのモチーフが登場してるんで「花鳥風月編」でいきましょうか。もしかしたら変更あるかもしれないけど...

 

まだ刺殺事件についての概要が語られてないですが、もう事件は終盤です。これから手をつける第九話が解決編になります。

読んでくださる方がどれだけいるのやら......

 

 

本当の雑談

最近......というか、2ヶ月くらい前から、「rtした人の小説を読みに行く」なんてタグがツイッターで流行してますよね。

私は、ラノベの中でもあまりメジャーとはいえない妖怪もので、少しでも目立つ為にじゃんじゃん活用してるのですが、ちょっともやもやすることが多いんですよね。

あのタグは、『何でもいいから読みたい!』とか『物書きさんと作品を通じて交流したい!』って人の為のタグだと思うんです。

つまり、自分の読書の為のタグじゃない...というか、書店を物色するみたいに、自分のお気に入りの作品を物色するには不向きなんじゃないかと。

何より、物書きアカウントの方が『気に入った作品だけ読ませていただきますね!』とかって言ってるのを見かける度に、すっごいもやもやするんです。

もちろん、SNSの発言は個人の自由、そーいう使い方をしたい人はそれで構わないのですが、自分としては、物書きが言っていいことなのかなあと。

 

私は中学時代、吹奏楽部に所属していたんですが、当時顧問の先生に、

「演奏者だったら、他所の演奏に対して客面をするな」

という風に言われていたんです。

これ、どういうことかと言うと、

「演奏者は、本番にこぎ着ける為の努力、本番で、お客さんがどんなリアクションをしてくれるのが一番嬉しいかをわかっている。だから、自分達がされて一番嬉しい鑑賞態度でいなきゃいけない」

ってことです。

例えば、ソリストがソロをやって礼をした時に拍手をするだとか、手拍子を要求されたら素直に応じてあげる、とかです。

たったこれだけで、演奏する側はとんでもなく嬉しいんですよね。

 

これを、小説に置き換えても、おんなじことが言えると思うんです。

趣味であれなんであれ、自分の小説を世間に公開してる人って、話を考えて執筆する時の大変さ、自分の作品に感想や反応を下さった時の嬉しさは、言われるまでもなくわかってる筈なんです。経験者ですからね。

なら逆に、例のタグで、

「この作品、なんか気にくわないから読まないわ」

とかって言われてしまうことに対してどう思うかってことも、わかってる筈なんです。

それに、その振る舞いが、

『物書きとして同じ土俵に立っていながらの傲慢な振る舞い』

ってことにも気がつけるんじゃないかなあと。

 

つまるところ、物書きなのに、同じ物書きに対する敬意みたいなものが全然ないんですよね。

それって

「物書きなのに、他の人の作品を読者面して読んでる」

ってことなんじゃないかなあと。

 

まあ、これはあくまでも僕個人の意見、どう思われるかはこれを読んでくださっている方の自由なんですけどね......

雑談

一ヶ月以上の間があいてしまいました...

いやー、話題がない、というより探すのが下手過ぎますね...

 そして、こっちも一ヶ月以上たって貼る最新話URL

 

現代妖草紙 六話 白き首落つる

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8211943

 

この回の副題を決めた時に、副題に伏線を仕込むことの楽しさに目覚めてしまいました。

つまるところ、この副題は伏線です。例の「わかる人にはわかる」タイプの伏線です。

そして、この作品のメインヒロインという位置づけでキャラを作っている井筒佐保が、今のところ一番出ている回なのではないでしょうか...

「井筒佐保がメインヒロインである」ということ自体が、若干のネタバレになっているような気もしなくもないのですが、まあ...名前の由来が能だからわかるよね!ってことでもう言っちゃいます。

 

書きたい話題が急に沸いてきたのですが、まとまらないのでお題スロットに逃げます...

 

お題「わたしの黒歴史」

 

黒歴史と言えば、もう一つしかないです。

現在、小説家になろうには、ほとんど小説を上げていないのですが、唯一、「L&0」という短編連作のシリーズものを上げています。

はっきり言って、ラノベキノの旅」のパクりです。

自分でもびっくりするぐらいのつまらなさに、

「これはここに自戒の為に置いておこう...」

という理由でなろうにて公開(後悔)し続けている作品群(といっても3作品だけ)です。

自分の為においてあるので、読んで欲しいなんて微塵も思っていないのです。小説を、人様に読んでもらう為だけに公開している私が、読んで欲しくない、という位なのでその黒歴史度は計り知れず...

雑談

 忙しい......忙し過ぎる......

 見て下さってる方がどれだけいるかわかりませんが、どんどん投稿ペースが遅くなってってる気が......

 ま、いろいろありますが、次話投稿しました。

現代妖草紙 第五話 桜吹雪の並木道

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8157595

 

 ええ、題名は適当です。

 消失事件の調査の為に公園へ向かう道中の話です。

 文字数的に現在最長でございます。

 前話から、少々書き方を変えているので、文字数がどんどん増えてってますええ。

 現行している事件、作り込んだら結構長くなってしまい、下手すると解決するまでに十話以上かかりそうな予感......真相自体はそうでもないんですけどねえ。

GWの雑談

いやあ、なにげに久しぶりの更新です。

平成29年度も早一ヶ月経って世はGW!大型連休!皆さんは堪能していますかね?自分はもう一歩も外に出ないつもりです!

で、引きこもりやって何をするかというと、

  • 執筆
  • 勉強
  • ゲーム

で、執筆と勉強は後に話すとして、一番動きがあったのはゲーム。

なんと、我が家にニンテンドースイッチが......!

もう土日はずーっとゼルダでしたw

 

はい、調子乗ってます。

でも残りの二つもきちんとやることはやれてます。

 

第三話投稿しました!

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8121823

 

ようやく話が軌道に乗りかけてきたかな??

葵と綾乃が、藍染怪異探偵事務所を訪れます。

 

この現代妖草紙は、連続ドラマのような構成を目指していて、事件ごとに多少の繋がりはあるもののパートごとにちゃんと読めるような構成にしたいなーと。

で、今は一番最初の事件が進んでいるのですが、それが完結したらここで人物紹介とかもしたいなーなんて。

 

今回投稿した第三話からは、制作方法を変更しています。

今までは、書いたらすぐ投稿スタイルでしたが、今回からは一度書き上げたものを手を加えつつ写す事で改稿してから投稿しています。(だからってあまり変化はないとは思いますが......)

これで多少いいものを世に出せればなーと思います。

感想、意見などはツイッターでも、このブログでも受け付けているので、是非是非~