美冷宮

ピクシブ、カクヨム、小説家になろうで活動している物書きの端くれのブログ

雑談

お久しぶりです。

まずは最新話投稿報告から

 

現代妖草紙~血の繋がった妹に血が通ってない件~ 六話 月下の烏鷺

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8422178

 

いやー、この作品を考えるにあたり、「この場面は絶対に入れたい!」というシーンがいくつもあるのですが、物語始まって一番最初に登場するその場面が、この回に載っています。どのシーンかは読んでみたらすぐにわかるかと。

やはり物書きの楽しさの一つに、書きたいシーンを書くことができたというものがあるんでね、もう超絶楽しかったですよ。

 

そして、この「月下の烏鷺」という副題も、物語中盤以降に回収される超ロングパス伏線になっているので、この副題の意味が知りたい方、是非是非これから先もおつきあいいただければと...

 

またこの回の中には、葵の家の居候ファミリー、具体的に言うと綾乃、五徳、すり鉢と、葵の掛け合いシーンもあるんですが、ここもなにげに書いてて楽しかったです。

自分、ど派手なアクションやかっこいいミステリーは大好きなのですが、それと同じくらい、「日常」を感じられる小話も好きなんです。

話の前半部分ががっつりミステリーパートで、ラストはロングパス伏線、その間の休憩みたいな感じを意識して書きました。

 

ずいぶん長い間更新がなかったのですが、この期間中に「盛り上がり・魅せ・引き」が足りないとご指摘を受けました。この回でも、引きはかなり意識して作ってみたのですが、いかがですかね...?

 

そして話題二つ目、現在の書き溜分の進捗

 

こーれーも、かなりいい所を書けています。

どこかというと、最新話で進んでい事件の解決編です。

まあこれは、物書きの人なら想像つく人も多いのではと思うのですが、解決編はミステリーにおいて一番の見せ場、一番書きごたえがある場面です。

......あまり語るとネタバレしそうなので、今日のところはこれで失礼

広告を非表示にする